■プロフィール

u1sakai

Author:u1sakai
ビリヤード・サークル「名古屋ぷっちプール倶楽部」 の事務局。

(社)日本ビリヤード協会中部支部の認定C級指導者として、初心者レッスンを続ける日々。

心に響く記事への感想は是非コメントください。
また、ビリについての、ご質問ありましたら、
お気軽に、お問い合わせをお願いしまっす!



■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■本日までのお客様

■ブログランキング

いつもダーツブログに上位をとられているので、応援してくれる方は、ボタン2つポチっとお願いします♪↓

FC2Blog Ranking

■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
できるだけ黙って撞く
マキシマムが夕方五時開店となったため
休日の昼間、桜7でお世話になった。

マスターやこれまで相手撞きした事が無い方と
結構長時間にわたりお相手していただけた。

ここでびっくり。
キューはハウスのアダム
もちろんコンディションは良好であるが
使いなれたマイキューではない。

さらに、軽い緊張と、
いつものようにはしゃいだりわめいたりせず
環境の違いから
失礼のないレベルで黙々と撞かせてもらった。

すると
入る
入る
入る

しかも、はずしても、ミスの理由が感覚的にわかる

ダシも、
思い通りのイメージに
出る
出る
出る

したがって
続けて取れるじゃあないですか!

新鮮な驚きです。

次の次や
途中の鍵となるボールも見え、
頑張らなければならないとこも
いつもみたいにぼやけず

ここへ出す、そのために前のこの玉で
ここへ頑張る
みたいなのも
すうっとイメージがわく。

恐ろしい。
しゃべると頭の中がしゃべりに持っていかれて

知的考証がおろそかになったり

事前のショットイメージがあいまいになったり

という弊害が、あるみたいですわ。

次回、マキシで
いつもの相手に
気持ち悪がられてもいいから
黙って撞いてみようかなあ・・・・・

だれか実験台になってくれない??

え?黙って撞いたら俺らしくない??


スポンサーサイト
メンタル・精神論 | 22:21:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。