■プロフィール

u1sakai

Author:u1sakai
ビリヤード・サークル「名古屋ぷっちプール倶楽部」 の事務局。

(社)日本ビリヤード協会中部支部の認定C級指導者として、初心者レッスンを続ける日々。

心に響く記事への感想は是非コメントください。
また、ビリについての、ご質問ありましたら、
お気軽に、お問い合わせをお願いしまっす!



■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■本日までのお客様

■ブログランキング

いつもダーツブログに上位をとられているので、応援してくれる方は、ボタン2つポチっとお願いします♪↓

FC2Blog Ranking

■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
上手くなることと強くなることの違い
メンタルの要素が強いと思われがちなビリヤードですが
あるレベルまでは技術一本ですね。

やれることが限定されているうちは、
できないことに遭遇したとき、まぐれ頼みになる。
このレベルのうちは勝てたことも運と思い謙虚であってほしい。

やれると思っていたことが出来なかったときは、
ついつい心の問題にしがちだが
本当に同じショットを100回繰り返し、
ミスがどのくらいでるか
確認してみると良い。

試合でミスってくるような球は、
確認すると、頑張っても8割以上の成功率は出ないことが多い。
確率的に8割の成功率のショットを3回連続で成功させられるのは
0.8×0.8×0.8=0.512→ほとんど5割

ようはこれはとり切れそうと思えるラスト3でさえ
取りきれる回数は10回トライしたら5回程度
ということになってしまう。

確率的に9割の成功率のショットを
3回連続で成功させられるのでさえ
0.9×0.9×0.9=0.729→ほとんど7割

間違いなくとり切れそうと思えるラスト3でも
10回に7回がやっと取れるという感じでしょうか。

このレベルにきたら、
ようやく「やれるはずのことが出来なかった。」
と若干は心のありようを疑ってもよいかもしれません。

スリーボールズのススメはこのことを理解してもらうための
ゲームでもあります。

私の持論は「メンタルを語る前に技術を磨け」です。
技術の根幹は情報です。
ボールの動きに関する物理現象についての正しい理解と、
見本を見て学ぶことが大切です。

技術の裏づけとなるのは身体機能です。
筋骨の働きを正しく理解する。
視覚や脳の情報処理の癖をよく知ること。
が大切です。

よく心技体といいますが、私は体技心の順で大切だと思ってます。

負けて悔しがる前に、
出来なかった新しい課題に出会えたことを喜びましょう。
「克服する過程こそが喜び」

挫折せず繰り返し、
「できなかったことが出来るようになる」
喜びをたくさん知っている人が、
「努力の過程で、結果的に精神的に鍛えられる」と思っています。
はじめから強い人なんて天才でしょう。

凡才は努力しかありません。
投げださず結果が出るまで、
ずっと好きで続けられることが
最大の強さの源かもしれませんね。

結果が出れば、成功を通じて感謝の気持ちも持てるようになり、
周辺へも愛情を注げるようになると

私は信じています。


スポンサーサイト
メンタル・精神論 | 12:22:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。