■プロフィール

u1sakai

Author:u1sakai
ビリヤード・サークル「名古屋ぷっちプール倶楽部」 の事務局。

(社)日本ビリヤード協会中部支部の認定C級指導者として、初心者レッスンを続ける日々。

心に響く記事への感想は是非コメントください。
また、ビリについての、ご質問ありましたら、
お気軽に、お問い合わせをお願いしまっす!



■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■本日までのお客様

■ブログランキング

いつもダーツブログに上位をとられているので、応援してくれる方は、ボタン2つポチっとお願いします♪↓

FC2Blog Ranking

■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「あいまい」なままで撞かない
ちょっと配置が難しいときに

手玉のコースが読めない、想定できないまま
あるいは

あそこへ出したい

というイメージを作らないまま

えいっと、撞くことはやめようと思う。



イメージがぼけているということは
=事前想定できないということ。

その配置について苦手あるいは、シュート後の手玉のコースイメージが沸かない(固定配球での練習での撞きが足りない)ということが課題ということだなあと・・・・・

必ずはっきりイメージして設計してから撞く

これだけでもすごい勉強になりますね。
でも疲れるわ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


スポンサーサイト
ビリヤードの技術 | 22:55:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。