■プロフィール

u1sakai

Author:u1sakai
ビリヤード・サークル「名古屋ぷっちプール倶楽部」 の事務局。

(社)日本ビリヤード協会中部支部の認定C級指導者として、初心者レッスンを続ける日々。

心に響く記事への感想は是非コメントください。
また、ビリについての、ご質問ありましたら、
お気軽に、お問い合わせをお願いしまっす!



■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■本日までのお客様

■ブログランキング

いつもダーツブログに上位をとられているので、応援してくれる方は、ボタン2つポチっとお願いします♪↓

FC2Blog Ranking

■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ワンポケットに挑戦
今回は、ワンポケットについて、、、

桜7丁目のマスターに誘われて、初めて挑戦。



ラックは15個でエニーボール。

自分が入れられるポケットはフット側コーナーのしかも片側1つだけ。

相手が入れられるポケットは自分と反対側の1つだけ。

自分ポッケに入れたら、継続ショット。

はずしたら交代。

で、先に8個入れたほうが勝ち。

というシンプルなゲーム。

(細かいルールはこっちを参照してね→関西ワンポケット練習会


でもやってみると、なかなか、

難しい!!

でも、超面白い!!

マスターの玉を見ているだけでも、めちゃんこ面白かった。

入れにいくにしても、片側ポッケの縛りで出しが限定される。
だからむやみに攻めない。

イレにいかずにセーフティかけるにしても、次に順番もらったときのために、
自分側ポケット付近に先玉を集めるための「作り」も考えるため、
手玉コントロールだけでなく先玉のコントロールも必要。

バンクも空クッションも、いわゆる「行って来い!」ショットではなく、
イレ+ダシを考慮して戦略としてプレーしている。

組み立てについては、
力加減や撞点選択が非常にシビアで、
事前イメージがあいまいなままで取り組むと

何ターンかやりとりするうちに、
あっという間に将棋でいうと詰んでしまうような
ノーチャンスのテーブルの状態に追い詰められてしまう。

まあ、マスターに手品を見せてもらっているような気分。


何ゲームかこなすうちに
戦術というとほどの理解ではないにしろ、
ゲーム運びを有利にするためにやるべきことは、
それなりにわかってくる。

でも、自分のプレーについて言えば、
ポジション能力や、
玉の動きに関するイメージできるコトの種類の少なさにびっくりし、

また、事前イメージと玉の実際の動きの違いにも驚いた。


9ボールしてる時では、もっと大雑把に

攻めるか守るか、

攻めるなら手玉のコントロールだけ考え

シュートラインのあっちかこっちか、

詰めるか開かせるか、

まわすか我慢するか

くらいの選択肢しかないし、


ポジションエラーも、9ボールなら

ちょっと足りない、行き過ぎたくらい

は気にせずゲームが進められてしまうのに、

ワンポケットではそれが致命傷になることが多く、

日ごろより、もっと緻密に予測し、計画し、

そして我慢して正確に撞く。

ということを要求されると感じた。



ゲーム性の違いで、取り組み姿勢が変わると、

ほかのゲームする上でもいろんな視点でテーブルが見れるようになり

たった一晩の数ゲームの経験ですが、

ずいぶん視野や考え方が広がったように思います。


かと言って、急には上手くはならんでしょうが(笑)

でも、なんかこれも、行き詰っている現状からすると、現状打破には

非常に良いきっかけになりそうです。



極端に言うと

9ボールばかりでは

ビリヤードの面白さの半分も知らないままで終わりそう

というと大げさかもしれませんが、、、、


でも、そいういう気分でした。



またサークルでも、みんなにワンポケにチャレンジしてもらえるようPRするのと

自分も腕を磨いてみようと思います。

↓応援よろしくですう。
人気blogランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:ビリヤード - ジャンル:スポーツ

日記 | 12:38:17 | Trackback(0) | Comments(2)
マスターのアドバイス
「最近玉入らなくて、、、」

という私の一言に、桜7のマスターから、

穏やかな口調で、ずいぶん優しくたくさんお言葉を頂戴いたしました。


・厚みに向かってかぶさって入るのではなく、
イメージボールの中心と手玉の中心を結んでから構えに入る、、、

・適当に構えに入ると、体をねじる、よじるということで
肩の入れ方、腰の入り方が毎度毎度変わってしまい安定しない、、、

・目線の使い方にも確認がいる
不安になると訳わからんようになる
いつもと同じルーティーンで撞けないと駄目

・入っているときはフォロースルーが良い
良いフォロースルーを意識することが大切

・早く楽になりたいから確認せずえいっといっちゃう

・空間把握は宇宙を相手にしているみたいなもの

・気持ちが先走りすぎ、やることをやるだけでよい
結果はその向こうにある


などなど

含蓄のある、また基本にのっとったアドバイスをたくさんいただきました。

先日はヘッドアップに気をつけて、不調のどん底から少し出口が見えてましたが

今日は、アドバイスの中の立ち位置確認として、
構えに入る前の「足位置」「肩位置」「顔位置」の3っつについて点検を徹底して、
あとはフォロースルーも継続して気をつけてみました。

おかげでゆっくり時間をショット毎にとりましたが
やはり効果絶大です。

結局は「基本に勝る、王道なし。」です。



そしてやっぱり「やっているつもり、、、」にすぎなかった、、、

毎度のことながら、恥ずかしい限りです。

マスターから聞いたアドバイスも
冷静になって考えれば、
散々レッスンで自分が生徒さんに言っていること同じことが多く入っている、、、、、

けど、知っていることと、きちんとやることには隔たりがある。

「できる・できない、ではない」「ちゃんとやるべきことをやる。」

ただそれだけなんですけどね。(苦笑)

↓根性ありませんが、応援よろしくですう。
人気blogランキングへ





テーマ:ビリヤード - ジャンル:スポーツ

日記 | 10:00:22 | Trackback(0) | Comments(2)
ヘッドアップ
ボーラードで久々に100を切った。

ガーン!!




イライラが続き、勝てない、入らないが続き、

何ゲームやってもやっとスペアばかりでストライクが出ない。

びっくりするようなイージーな玉を角の外にはずすに至り、

ついに、超久々の二桁。




動作がかなり「乱雑ビリ」になってました。







ちょっと冷静になって、厚みを勘違いしているのか
撞き損なってるかを点検しようとしても

手玉が的球にあたった瞬間まで見切っていない自分に気づいた。


うへ、、、

ヘッドアップしてたか、フォロースルーがいい加減というか

的球を見切っていないことじたい狙ってないのと同じじゃん。




で、


初歩の初歩

「フォロースルーで3秒体を残す」

を心がけただけで、


スコア120台まで戻る。



恐るべし、ヘッドアップ。


ですね。


↓根性ありませんが、応援よろしくですう。
人気blogランキングへ



テーマ:ビリヤード - ジャンル:スポーツ

ビリヤードの技術 | 21:39:09 | Trackback(0) | Comments(0)
方針の変更
考え方が間違ってる

だから、入れが少し落ちたら勝機ありと思ってしまうよ



半年休んで久々対戦の先輩さんからアドバイスをもらった

できることが沢山あるからイカン

自分は半年ぶりで強くもつけない、捻りも合わない、だから緩く玉なりで入れつなげる許容範囲内の限られたパターンの組み合わせしか使ってない

オイラの玉は、難玉は入れるは、難しいダシはこなすは、でも取り方が良くないから、どこかで破綻して順番が来る感じがする

と、、、、


厚くだしすぎ
適度に薄い玉で、優しく転がせば沢山動かせるほうが有利

複数のポケットの可能性をきちんと検証をしてるのに、
あとで難しくなるほうばかりを選ぶ



貴重なコメントを頂いた
前は確認なし、イメージなし、設計なし

今回は、確認あり、イメージあり、でも根本的には設計ミスだと

だから、沢山練習してても、うまくなってないな、と思うと。

ハッキリ言われてガックリ半分、でも、どうしたらよいか途方にくれつつも、なんとなく光も見える。

出来ないことをなくしたいという夢は捨てて

できる事だけで取りきる力をつけよう

と方針転換を決意!です



↓根性ありませんが、応援よろしくですう。
人気blogランキングへ




テーマ:ビリヤード - ジャンル:スポーツ

ビリヤードの技術 | 13:56:34 | Trackback(0) | Comments(4)
水平に引いて撞く
ボーラードの記録更新後、

ちょっとして、慣れから、

またまた撞き方がいい加減になっちまった(笑)


人間って本当に弱い生き物で

(ちゃんと出来る人には、「無理やりくくるな」と叱られそうですが)

「できるようになったつもり」になった途端に甘々な自分が悲しいですわ。


当然ですが、気持ちが甘くなると、

「体に染み込ませた運動になる前の部分」は

意識してプレーしてないと、すぐに

もともとやっていた「まずい動き」に

あっさり戻ってしまう。



で、結果、基本から外れた部分がでると、すぐ数字や勝負けに影響が出る。

ポケットの角に玉がからんでも、ことごとく拾って貰えない。



気分的には、撞いている間、ずーっと

厚みの見え方がほんの少し違うのかなあ、

タイミングが悪くタマ質が良くないから流し込めないなあ、

と、自分で自分の気持ちをなだめつつ、、、、、



でも、徐々にイライラ。


さらに、イライラ。



はいらん!!


だんだん怒りで駄々草な取り組み姿勢になり、

さらにタマは穴を嫌う。



あるとき、気づくまで、単に体調のせいで違和感があると思ってたけど、、、、

のびあがって台の奥の玉を撞くときに、

いつものようにレールに右拳がかすかに触れなかったことで、、、



俺は異変に気づいた。


いつもより、ほんの少しだけど

キュー尻が高いんじゃあないか!?


不調の原因は、

「キューの水平」が守れなかったこと。




ここで冷静に帰った。


マイフォームを点検すると、、、


アタマ位置、微妙に高い。

ブリッジ、手玉から少し遠い。

グリップ、ちょっと固い。


結果、テイクバックで、

まっすぐていねいに、

かつ水平にキューが引けてない。



なるほど、基本から外れた撞き方では、まとまるまい。


以前、柳迫プロに指摘されたことを繰り返していた。。。。あうあう


まあ、姿勢を保つ背筋と腰、足構えの不安定が原因。
ちゃんっと胸張って屈むときついんだよね。。。。

疲れていると、俺けっこう、ねこ背になっちゃうし。

そりゃあ、疲れたまってたし、体調っちゃ体調が原因だけど、、、
基本に構えようとしてシンドイならまだしも、
体が望むようにあっさり構えて、さっくり撞いて、
間違っていることに気づきもしないあたりが俺らしい(笑)

まあ、その後は、高い姿勢なりに、キューの水平を意識したらイレは少しだけ戻った。
厚みやタイミングまでは修正できずでしたが。。。

納得いかない状態でだらだら長時間撞いたことも腹立たしいので、

気分転換にタップ交換して、ボーラード追加1ゲームして、

このときの内容は、仕方ないなりに納得できるものだったので上がり。



でも、反省ひとしきり。

情けないです。



↓根性ありませんが、応援よろしくですう。
人気blogランキングへ



テーマ:ビリヤード - ジャンル:スポーツ

ビリヤードの技術 | 15:07:00 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。