■プロフィール

u1sakai

Author:u1sakai
ビリヤード・サークル「名古屋ぷっちプール倶楽部」 の事務局。

(社)日本ビリヤード協会中部支部の認定C級指導者として、初心者レッスンを続ける日々。

心に響く記事への感想は是非コメントください。
また、ビリについての、ご質問ありましたら、
お気軽に、お問い合わせをお願いしまっす!



■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■本日までのお客様

■ブログランキング

いつもダーツブログに上位をとられているので、応援してくれる方は、ボタン2つポチっとお願いします♪↓

FC2Blog Ranking

■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
上級者レッスン(その2)
なんでBクラスのおいらが

Aクラスに請われて指導してんだか(笑)

という状態の先日の定例会での出来事でした。


お題は、「土手際の手玉に立てキューで構える。条件は先球も先球も近い、穴が遠い、1/2程度の厚み、でも、振りを見間違いして穴の外まで大きく外す。」というもの。

まっすぐ立てキューは以前克服していたので、

振りを見間違える錯覚の原因をいくつか指摘して
矯正するための視線の使い方と

構えたときタップの向いた先が中心からずれてたから
土手際の手玉の中心を見つける方法のコツ

の2点の処方箋を伝授したところ

「これは、入るわぁ」といって喜んでもらって

無事終了。所要時間は概ね1時間。でした。


初心者レッスンと違い、相手が上級の場合、

本人が「課題」を強く認識している点と、自分のやってることの

「あいまいで分かってないこと」と、「きちんと分かっていること」

を語ってもらえる分、初心者さんのレッスンよりは楽チンなんだよね。


スポンサーサイト

テーマ:ビリヤード - ジャンル:スポーツ

ビリヤードのレッスン記録 | 08:37:09 | Trackback(0) | Comments(2)
集中力について
たいしたレベルの自分ではないので、ちょっと恥ずかしいですが、、、、
こころがけていることを紹介させていただきます。

目使い(視線のコントロール、配置確認、アドレスからフォロースルーまで一連の各動作毎に見る場所を決めてます)

呼吸と動作とリズムの一致(ターンをもらって配置確認、撞きかた決定、アドレスから構え終わりまで、しごきと撞点あわせ、最後の一振りまで)

ターンをもらって肩を沈めて胸を張り深呼吸。
配置確認して、撞点とキュー出し量を決めたらもう一度深呼吸。
ダサいタマ撞いて凹んだり、チャレンジ球で成功して気分が高揚したりしたら
必ず一旦深呼吸して、今はもらい玉と同じと一度気持ちを切る。

待ちの間のすわり姿勢の維持と相手の撞き順でも取り切りイメージの作製

あとは、気持ちを切らないように、練習でもお相手撞きでも、ワイがや遊び球でも、とにかく自分の構えからは絶対に気を抜かずに全力で。

これで、集中のスイッチを自分でいれたり、切ったりを自在にできるようになること。を心がける。

くらいでしょうか。とくに、甘い環境でまったり撞きの時が罠ですし、そういうちきこそ最高の課題稽古みたいなもんですね。
なかなかきちんとできない自分が良くいますから。

武道の経験から、集中は精神面ではなく技術面に属することと理解してます。

外界(自分+キュー+タマ+テーブル以外)を遮断して自分の世界に入るためのキーワードは目使いと呼吸ですね。

あとは、試合とかの場合は、私生活での心配事や約束の保留がないこと
球以外の世界でも、細かいことから、きちんと「事を成しえている」ことと、プライベートでの心配事がないこと、も大切です。
私生活でも、ひとつひとつのことを「きちんと完了できる自分」であり続けることが大切。

緊張したり舞い上がらない精神力とか根性とかガッツを養うのではなく、
弱い人間であることを前提に、
遊びで緩んでいても、逆に緊張しても、大舞台で舞い上がっていても、、、
とにかく「ただ自分のすることに集中する」という形での入り込み方について、日々研鑽してます。

テーマ:ビリヤード - ジャンル:スポーツ

メンタル・精神論 | 08:16:59 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。