■プロフィール

u1sakai

Author:u1sakai
ビリヤード・サークル「名古屋ぷっちプール倶楽部」 の事務局。

(社)日本ビリヤード協会中部支部の認定C級指導者として、初心者レッスンを続ける日々。

心に響く記事への感想は是非コメントください。
また、ビリについての、ご質問ありましたら、
お気軽に、お問い合わせをお願いしまっす!



■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■本日までのお客様

■ブログランキング

いつもダーツブログに上位をとられているので、応援してくれる方は、ボタン2つポチっとお願いします♪↓

FC2Blog Ranking

■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
初心者レッスン(フォーム改善)
今回の生徒さんは、総玉時間は短いけど、
2年程度独学でコツコツお稽古を積んでこられた方です。

悩みのレベルは、

どうしても、誰に教わっても

「真っ直ぐ」が「真っ直ぐ」に撞けない。

極端な話、非常に短い距離の真っ直ぐ配置でも入らない。

たとえば、サイド穴前1pで手玉をテーブルセンターに置いた状態でも
先球が角の外へいくくらい真っ直ぐが撞けない状態、、、、という症状でした。


ためしにバンキングをしてもらっても、玉は1p以上捻りで開いて帰ってくる。

右に激しくずれた撞点と、

左右のショットする毎に異なるその時々の
ばらばらなコジリ
がmixされた状態。

右拳は強くキューを握り締め

右肩が外に出たフォームなので

ストロークは肘支点の円運動をしてしまい、

とにかくキューが真っ直ぐに動かないから、一定の方向のコジリにさえならないという状態でした。

↓こんな感じ、、、

minamo1.jpeg

以前の日記にアップした模式図だとこんなイメージですね。

minamo11.jpg


とりあえず、修正の手順として、

1 脱力グリップ

まずは、グリップを柔らかく、脱力して握ってもらいます。
ぐっと握ってもらい、すっと力を抜くという繰り返しで感覚的に理解してもらいます。

2 肩肘拳キューを一枚に重ねる

次に、脱力したまま、
キュー先でテーブル上の手玉を、上からぺしぺしと
軽くたたく「マネ」(寸止めですね・笑)をしてもらい
無理の無い姿勢をとってもらいます。
これで、肘肩拳とキューが一枚に重なる良い位置を体感してもらいます。

この動作を繰り返すと、ほとんどの方が、
自然と
バットエンドは肘にぶつかる

くらいの位置で止まり、
キューのラインと

肩、肘、拳が

その人の骨格なりに一番無理の無い形で

一枚に重なります。



そこまで準備してもらって次のステップへ進みます。

3 横向きに構える

次は、おへその正面から真正面に玉を見るのではなく、

左側から呼ばれて「ハイ」と顔向きを変えた方向で玉を見るという

横向きへ構える

というイメージへ
意識をさっぱりと変えてもらいます。

最初の立ち方と相当に変化する(まったく違う動作のように感じる一瞬です)


当然、すぐには気持ち悪くて体が受け入れられず、

まったく、おろおろされるわけですが

粘り強くそばについて、少しづつ修正して
およそ30分後にようやく

↓こんな感じまでは修正できました♪
minamo2.jpeg

↓以前の日記の模式図だとこんな感じでしょうか、、、
minamo22.jpg

生徒さんは
自分のキュー先が、これまで体験したことない感覚で
スムーズに動いてくれることに
少々びっくりしながら、受講してもらいましたが、、、、

あとは、この形が身につくと良いけど、2年で覚えこんだ体の動きが
果たしてすぐに修正したとおりに、体にしっくりなじんでくれるか不安を覚えつつ、、、

あとは目線の使い方を修正していくわけです、、、

立ち方については、アドレスの修正が大変でした、

が、、、、次回へ続く!!

か???(笑)

乞う、ご期待!!

スポンサーサイト

テーマ:ビリヤード - ジャンル:スポーツ

ビリヤードのレッスン記録 | 16:15:32 | Trackback(0) | Comments(6)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。