■プロフィール

u1sakai

Author:u1sakai
ビリヤード・サークル「名古屋ぷっちプール倶楽部」 の事務局。

(社)日本ビリヤード協会中部支部の認定C級指導者として、初心者レッスンを続ける日々。

心に響く記事への感想は是非コメントください。
また、ビリについての、ご質問ありましたら、
お気軽に、お問い合わせをお願いしまっす!



■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■本日までのお客様

■ブログランキング

いつもダーツブログに上位をとられているので、応援してくれる方は、ボタン2つポチっとお願いします♪↓

FC2Blog Ranking

■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
SAからのアドバイス(その2)
この前、SAの方からレッスンを受けた結果をブログにアップしてありますが

今回はまた、アップグレードしたはずの自分とお相手撞きしてもらい
追加でアドバイスをもらえたので

早速に記録をかねてのアップです。

この前の指導いただけた結果先球のいれは強くなった

けどとりきれない、、、ことが多すぎ。

1 設計があいまい(雰囲気)
どこの撞点にどうキューを突っ込めば、どう手玉が出てくるか
構える段階で事前にイメージできていない。

2 シャープにイメージできていない
だから、所詮は「こんな感じ」という雰囲気だけのダシになっている
こんな感じの幅が広すぎる、、、、
クッションのどこに手玉が入るかが撞く前に分かってないと駄目


3 固定配置の練習が足らない
入れは今のままだと今以上にはならない
固定配置で撞点やキューの突っ込み方を変化させても
先球をきちんと入れられるように反復練習すべし
今は得意な撞点、得意な力加減でしか入れられない
というレベルにすぎない。

4 所詮50%
なんとなくで組み立てるから、あいまいなままで撞きすぎ
結果想定が100%想定できても、緊張やアガリで7割成功率まで落ちる。
撞く前の段階ですでにできるかできないかがわからないダシのイメージでは
当然とりきりが少なくなる。

5 出せないのではなく出せる撞点・突っ込みでの入れる力が不足している
ダシを言い訳にせず、どこに出したいから、ここを
という観点で努力する。
あとは、100%ここをこう撞けばここに出るという確信できる得意な玉を作ること
今は全部が50%だからまとまらないとりきれないという状態になっている

6 今以上の入れは無理
固定配置で撞点変えて、力加減やキューの突っ込み方を変えて
どう先球がポケットに向かうか、
どう手玉が動くのか、
の両方を、玉の動きから自分が教えてもらう気持ちで、
身に着けること

と厳しく指導を受けました。

しばらく固定配置で、撞点管理について自分なりに頑張ってみることにしまぁす。





スポンサーサイト

テーマ:ビリヤード - ジャンル:スポーツ

ビリヤードの技術 | 02:29:17 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。