■プロフィール

u1sakai

Author:u1sakai
ビリヤード・サークル「名古屋ぷっちプール倶楽部」 の事務局。

(社)日本ビリヤード協会中部支部の認定C級指導者として、初心者レッスンを続ける日々。

心に響く記事への感想は是非コメントください。
また、ビリについての、ご質問ありましたら、
お気軽に、お問い合わせをお願いしまっす!



■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■本日までのお客様

■ブログランキング

いつもダーツブログに上位をとられているので、応援してくれる方は、ボタン2つポチっとお願いします♪↓

FC2Blog Ranking

■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
手で突くな、キューに撞かせろ
他の方のビリヤードブログやホームページで、これは!と思い、試して上手く行ったことが、これまで何度かありますが、今回はコレです。

最近調子は悪くなく、自分が成長出来ている実感もあり、目立って記録も伸びていたけど、勝負弱さに情けないのは相変わらず。

目使い、呼吸を整え、集中して取り組んでいても、超えられない壁を感じつつ、、、

そんなある日、

とあるホームページで、

「キュー尻をテイクバックで上げないようにすると、キューが切れる」って~書いてある。

ピンときた。

自分は、切れが欲しい訳ではないが、より高い安定感のためには必要だろうなあと。

で、早速試す。

ところが、動きが極端にぎこちなくなる(笑)

うひゃ~って感じ。

仕方なく、ゆっくり丁寧に、キューを引き、そして撞く、という動作を繰り返していくうちに、今のグリップでは無理と気づく。

それは、、、

自分がキューを知らない間にかなり握りしめる癖がついていたからだ。

キュー先タップの軌道を撞線に合わせたいために、手先で、まさにグリップの手技でキューをこねくり回すようになっていたのだ。


愕然、、、

教室レッスンで、

「グリップは生卵割らないくらいの感触で~」

といつものフレーズで言ってることなのに(汗)

また自分がやってないじゃんか(笑)

いや、笑えね~(笑)って。

で、気持ちを静めトライを繰り返していく。

キュー尻で玉を捉える感覚になると、音が変わった。

何の音って、インパクトもポケットインもですよ。

かっつーん。コクン、かっこ~ん。

いやあ、なんか上級者みたいじゃんか(ニヤリと)

キューに撞かせる



キュー全体が心地良く振動して、とても良い音がする。

ヒモなしトライアングルを指で握りしめて叩くとギンギンって嫌な音がするけど、力抜いて、最低限の力で最小限の接触面積で支えて叩くと、本来のキーンと言う涼しい音色に成るのに近い感じ。

この日のトライはまだ続きます

(その2)に続く
スポンサーサイト


テーマ:ビリヤード - ジャンル:スポーツ

ビリヤードの技術 | 08:56:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。