■プロフィール

u1sakai

Author:u1sakai
ビリヤード・サークル「名古屋ぷっちプール倶楽部」 の事務局。

(社)日本ビリヤード協会中部支部の認定C級指導者として、初心者レッスンを続ける日々。

心に響く記事への感想は是非コメントください。
また、ビリについての、ご質問ありましたら、
お気軽に、お問い合わせをお願いしまっす!



■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■本日までのお客様

■ブログランキング

いつもダーツブログに上位をとられているので、応援してくれる方は、ボタン2つポチっとお願いします♪↓

FC2Blog Ranking

■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
上級者へのレッスン(押し玉編)
今回またしても、上級者へのレッスン。

だいたい自分より上手い人にモノを聞かれるのは非常に困る。

が、役に立つといわれたら頑張らざるを得ないわけで、、、


今回も頑張りました。




お題は、押し玉。

いわゆる、ぎゅんとキューを効かせた押しにならず、
だらだらだらっとした押し玉にしかならないという相談。



で、しばし観察。


原因はゆるゆるのグリップとブリッジにあると判断。

押し撞点でキュー先がタマの重みに負けて跳ねあがり、
タップが手玉にインパクトした直後にすぐ、離れてしまい、
手玉に適切にオーバースピンをかけられん

というだけのことだった。


しっかりコジらないグリップで、と言いたいとこだが、彼のイレの強さは
ゆるゆるグリップでのキューの重みで振り子のようにスイングするストロークが持ち味。

いまさらシッカリ握って、それでいて柔らかくという教科書通りやってみせよと言うのは酷



で、ブリッジだけ締めてみてとリクエスト。


結果。


締めたブリッジに負けない程度にはキューをしっかり押し出すし、

手玉の上方を撞いて跳ね上がるキュー先を押さえ込み、

しかも押し続ける力がブリッジのおかげでかかっているわけで





ぎゅん!




きましたね(笑)


テイクバックがどうしても重み活用のため引き上げ気味なので
水平にキューがつかえないから、ヒネリのカーブやトビも大きいので

フォロースルーを持っていく先のイメージも変えてみるようにアドバイス。

上撞点でも的玉の北極から日本列島くらいに向かって押さえ込み気味で



引きの下撞点でも、ラシャにキュー先を絶対に付けないように、
インパクト後は的玉の手玉撞点と同じ高さへキュー先を向かわせ続けるように

という言葉をかけた。



結果


ぐいん、ぐいん、ぎゅん、ぎゅん(笑)


「いやー 必死にキュー突っ込まなくても、
これまでのベストに近い、押し引きのタマがどんどん撞けます。」

「おお!」


素直に反応する手玉の動きをみて、教える側も脳内麻薬でまくりでした。

たくさんの練習量と経験値のおかげて、今ある資産を最大活用して
即結果の出る。。。。。まったくうらやましい限りです♪


ブレイクについては、また研究させてくださいまし。


スポンサーサイト


テーマ:ビリヤード - ジャンル:スポーツ

ビリヤードのレッスン記録 | 23:51:16 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
押し球はかな~り苦手です。

自分も是非一度見てもらいたいです。

今回の内容、参考にさせていただきまーす!
2009-03-09 月 23:14:47 | URL | すずき [編集]
押せますきっと
>すずきさん

コメどうも。。。おいらも是非、見てみたいです。
生で見ないと押せてない理由も分からないですもんね♪

また、今回記事参考で、お試しの結果は是非とも教えてくださいまし。
2009-03-10 火 01:24:21 | URL | u1sakai [編集]
すごい。。。
いつも素晴らしい記載に感服しております。
この押し球は、コジリ修正したフォームで
撞いている人間にとっては、非常に悩みのタネ
です。
できれば、ブリッジの様子(before+after)で
見てみたいです。
私自身も、現在コジリ改善のためのフォーム矯正中
で、以前のようなフォロー・ドローショットが使えなく
なって泣きそうです。
2009-08-23 日 21:28:06 | URL | 鈴美秀鷹 [編集]
Re: すごい。。。
>鈴美秀鷹 さま

コメントありがとうございます。

お褒めの言葉恐縮です、、、というか、単なる物理現象への対応だったので。。。。

インパクトの瞬間にタップやシャフトがキューごと手玉に負けて
跳ねあがるのを

押さえ込む程度にちょいと締めてもらっただけなんですよ。

前後写真撮っておけばよかったなと後悔。

あまり違いはありませんが、ブリッジとキューの隙間が、空き空きだったのが

ぴたっとくっついた程度の違いです。

> この押し球は、コジリ修正したフォームで
> 撞いている人間にとっては、非常に悩みのタネ
> です。
> できれば、ブリッジの様子(before+after)で
> 見てみたいです。
> 私自身も、現在コジリ改善のためのフォーム矯正中
> で、以前のようなフォロー・ドローショットが使えなく
> なって泣きそうです。
↑たぶん、以前はコジリということは、
握ってキューをしっかり突っ込んでいたのを
矯正してキューなりに撞いてみえるはず。
きっと以前のギュンギュンにくらべて
パワー不足を感じるのでしょうね。
握りこみの力に頼らず
タイミングを合わせる(インパクト後も力を乗せられるように)工夫がいるかもしれませんね
見てみないとなんともいえませんが、、、
2009-08-24 月 00:07:47 | URL | u1sakai [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。