■プロフィール

u1sakai

Author:u1sakai
ビリヤード・サークル「名古屋ぷっちプール倶楽部」 の事務局。

(社)日本ビリヤード協会中部支部の認定C級指導者として、初心者レッスンを続ける日々。

心に響く記事への感想は是非コメントください。
また、ビリについての、ご質問ありましたら、
お気軽に、お問い合わせをお願いしまっす!



■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■本日までのお客様

■ブログランキング

いつもダーツブログに上位をとられているので、応援してくれる方は、ボタン2つポチっとお願いします♪↓

FC2Blog Ranking

■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ゆっくり成長する?(その3)
まえ書きかけた、劇的進歩の体験。(その3)です。

ちょうど1年半ほど前ですが、
ブレイクでやっちゃいました。。。

「がっつーん!」と鈍い音
レールにパンチをくれてやったら、
ひとさし指が1.5倍ほどの太さに・・・

他の常連さんの心配を余所に、
痛みをこらえプレー続行。

でも、きちんと我慢をすると
神様はご褒美をくれました。

痛くてひとさし指にキューが乗せられない→
中指支点に変更→でもやっぱり痛い→
ゆったりしか振れない→
キューを握りこめない→
コジれない(やった!)

結果、
その後の数日で
通常プレーではゆったりした脱力ストロークが
強制的な自然体?で身についた(笑)

ブレイクもレールが怖くて、
ゆっくりりテイクバック、
キューだしを短く
インパクトから玉一個だけ
やさしく押し出すように

だって、たたくと衝撃が伝わって痛い
体が自然に痛くないように

すると、ぶんぶん丸で
下手に体うごかすよりよっぽど
割れるようになり・・・

そのうち、インパクト瞬間にだけ
右足で床を蹴るようになった

割れる割れる。

怪我の功名・・・ってことわざの適用で日本語的にあってましたっけ・・・

一度お試しください。
でも、恐縮ですが、痛いの我慢して
得るものが無かった場合でも、
当方では責任を負えません。

ご健闘いやレール相手のご拳闘を
お祈りいたします。
スポンサーサイト


ビリヤードの技術 | 23:54:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。