■プロフィール

u1sakai

Author:u1sakai
ビリヤード・サークル「名古屋ぷっちプール倶楽部」 の事務局。

(社)日本ビリヤード協会中部支部の認定C級指導者として、初心者レッスンを続ける日々。

心に響く記事への感想は是非コメントください。
また、ビリについての、ご質問ありましたら、
お気軽に、お問い合わせをお願いしまっす!



■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■本日までのお客様

■ブログランキング

いつもダーツブログに上位をとられているので、応援してくれる方は、ボタン2つポチっとお願いします♪↓

FC2Blog Ranking

■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
試合参加心得 五箇条
自分も偉そうなことをいえる立場じゃあないけど、新人戦出場の皆様へ試合の心得を少々・・・。一部は玉の体験ではなく弓の体験に基づくものも混じってますけど、合い通じるものはあると思っています。

1.感謝する
自分の出来不出来を試す実験台としての試合です。お付き合いいただける対戦相手の方や運営スタッフに、感謝すること。
まちがっても「ぶったおす」などという失礼千万なことを思わないこと。
運営サイドも舞台設定に準備期間から幾多の手間をかけてくれている。多少の進行ミスにいちいち目くじらたてないで目をつぶること。感謝の気持ちなくして参加資格なし。

2.挨拶する
会場入り受付時にスタッフの方へ「今日はお世話になります」と挨拶を。
試合前にも対戦相手にはお辞儀と挨拶を「よろしくお願いします」試合後は必ず握手とお礼「有難うございました」を忘れずに。玉を競う前に礼儀を失しないこと。

3.謙虚である
自分の実力について謙虚になること。新人戦レベルで勝てるのは玉回りや配置などでの運が良いから。でも、負けたのは自分が下手で相手に撞かせるチャンスを与えたせい。決してアンラッキーで負けたと思わないこと。

4.絶対言い訳しない
相手の上手下手やプレーリズムやスタイルで自分のプレーが左右されないこと。あなたがテーブルに向かっている時は誰もあなたの邪魔はしていない。道具や台の違い、ギャラリーの声や視線、音、光、隣の台の動向など、周辺を認識して自分のプレーの障害だと自分で勝手に解釈をしているのはあなた自身の頭の中だけのもの。「出来なかった原因はすべて自己責任」と反省すること。

5.記憶する
勝ち負けより玉の内容を記憶して持ち帰ること。「やれそうだとおもったけど、出来なくてくやしかったこと」を最低でも3っつ以上(多ければ多いほどいいけど良い)持ち帰り、これからの練習に生かすこと。

以上ですね。頑張っておくんなまし。結果はしょせん時の運。途中経過と体験は持ち帰りさえすれば本人の宝。参加される皆さんの健闘をお祈りいたします。


スポンサーサイト


メンタル・精神論 | 19:04:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。