■プロフィール

u1sakai

Author:u1sakai
ビリヤード・サークル「名古屋ぷっちプール倶楽部」 の事務局。

(社)日本ビリヤード協会中部支部の認定C級指導者として、初心者レッスンを続ける日々。

心に響く記事への感想は是非コメントください。
また、ビリについての、ご質問ありましたら、
お気軽に、お問い合わせをお願いしまっす!



■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■本日までのお客様

■ブログランキング

いつもダーツブログに上位をとられているので、応援してくれる方は、ボタン2つポチっとお願いします♪↓

FC2Blog Ranking

■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「スリーボールズ」のススメ
「スリーボールズ」というゲームは、2人以上何人でもプレー可です。2~4名が適切な人数かと・・・

一人毎に1ラック3個をフットにラックして
ヘッドライン内からフルブレイク、
ブレイクインは有効で、現状スタート、
ファール処理はボーラードと同じ。
ブレイクを含め、3個をとりきるまでの総ストローク数
少ない選手が勝ち!

で、得点は相手より少ない上がりの人が
ストローク数差×1点を得点できるというもの。

集計は3人以上ならジャパンと同じように得点を記入していきます。
皆が同ストロークなら次のラックが倍付けですね。

得点勝負だけでも熱く戦えますが、1ストローク10円~100円程度
お互いの財布にあわせて、10ラックくらい勝負すると、
さらにヒートアップ間違いなしです。

10ラックで5~7回程度ノーミスとりきり出来ればほぼC級卒業でしょう。

さらに力の差があるメンバーで楽しむなら、

上手くてほぼ10ラックのうちトラブルない限りとりきりの人は
→番号順のとりきりを条件付け

へったっぴでほぼとりきれない人には
→ブレイク後の1ストロークだけ手玉フリーボールと条件緩和

でハンデということにすれば、十分いい勝負になるのも良い点です。

しかも個数が少ないので配置の再現が容易で、とりきりパターンの学習にも一番効果的だと思います。

是非ぷっちを源流に是非流行らせましょう!!
スポンサーサイト


ビリヤードの技術 | 17:27:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。