■プロフィール

u1sakai

Author:u1sakai
ビリヤード・サークル「名古屋ぷっちプール倶楽部」 の事務局。

(社)日本ビリヤード協会中部支部の認定C級指導者として、初心者レッスンを続ける日々。

心に響く記事への感想は是非コメントください。
また、ビリについての、ご質問ありましたら、
お気軽に、お問い合わせをお願いしまっす!



■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■本日までのお客様

■ブログランキング

いつもダーツブログに上位をとられているので、応援してくれる方は、ボタン2つポチっとお願いします♪↓

FC2Blog Ranking

■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2個先を見る(きちんとと計画を立てる) その2
翌日ぷっちの例会で、
お相手撞きの方には迷惑だったかもしれないが

1に向かって構える前に、

3番に出しやすくするために、

2のこっちに、こうやったコースで手玉をだす。


といった、完全コールダシをしながら撞いてみた

事前の設計が甘いとか
手玉コースや力加減について
予測の甘さに痛感するケースもあり

それ自体が恥ずかしいことで

とても勉強になる

またきちんとやれるイメージのあることでつなげるときは
非常にとりきり率があがった。

また失敗作こそに価値があり、
とても充実した時間となった。

とくに丸見えのラスト3~5ではとても勉強になった。

一見カンタンそうにみえても、
ちょっと想定と出しが異なるだけで計画が破掟するケースがそうだ
リスクが潜んでいる配置もあるんだ、ということを
パターンごとに学んでいく感じでゲームを進めることができた。

これでは、これまでまったくとりきれなくても
「当然だった・・・」と反省しきり。

「ビリヤードは紳士のスポーツ、アタマを使え」
痛感です。お二人の先輩の愛ある叱責に大感謝です。

ビリヤードは本当に奥が深い。
スポンサーサイト


ビリヤードの技術 | 20:23:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。