■プロフィール

u1sakai

Author:u1sakai
ビリヤード・サークル「名古屋ぷっちプール倶楽部」 の事務局。

(社)日本ビリヤード協会中部支部の認定C級指導者として、初心者レッスンを続ける日々。

心に響く記事への感想は是非コメントください。
また、ビリについての、ご質問ありましたら、
お気軽に、お問い合わせをお願いしまっす!



■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■本日までのお客様

■ブログランキング

いつもダーツブログに上位をとられているので、応援してくれる方は、ボタン2つポチっとお願いします♪↓

FC2Blog Ranking

■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
真っ直ぐが真っ直ぐに見えない(その5)
実は、こういう方、多いんです。

真っ直ぐが真っ直ぐに見えない(その4)

視野が狭いというか、
我々現代人は、PCでも読書でも、作業や仕事でも、
目の使い方として、

視野の中心の、

興味関心のある「モノ」にピントを合わせる

そういう「モノの見方」の習慣がついています


これは、ビリには不利な陥りがちな欠点です・・・・

たとえば、自動車の運転教習で、指導員さんに、

「目線が近いね」

「車線のラインだけ見てると、あぶないよ」

「信号も、標識も、車線ラインも、、、、

前の車も、横断歩行者も、、、、

全部、同時に見ないとダメ」


と言われた方、いませんか??

そういう方は要注意です。

じつは、私の従兄が某自動車学校の教習員で、
運動オンチの自分は、従兄だのみで遠くの自動車学校に通って
必死でとった免許です。忘れもしません(笑)

その教習所で私もよく「目線が近い、視野が狭い。」と叱られ続けた毎日でした。

だから「キュー」「玉」「ポケット」は同時にみなきゃ・・・・
と口でいっても、単純にお願いしても

できない人はすぐはできない・・・・

それは、私も良くわかっています。

そこで、

「視野を広くとって」

「同時に広い範囲のモノを見る」


ためのヒントを

この、うるうる涙目の美人レッスン生に与えてみることに、挑戦してみました。

(またまた、つづく)

今回ちまちま追記でごめんなさい、次回に期待という方は
↓応援ポチっと、を、よろしくm(__)m
人気blogランキングへ

スポンサーサイト


テーマ:ビリヤード - ジャンル:スポーツ

ビリヤードのレッスン記録 | 06:02:56 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
楽しく拝見しました
はじめまして。ビリヤードを始めて3カ月足らずの中年オヤジです。
もともとダーツを投げていたのですが(今でも投げていますが・・・)隣においてあったビリヤードに興味を持ち始めました。
単身赴任の気楽さから、マンションから車で5分先にある植田の「ブレイクショット」で玉を撞いています。
今後ともよろしくおねがします。
2007-08-24 金 16:50:11 | URL | masapon [編集]
ご近所ですね
masaponさま>

単身赴任中ということでお仕事大変でしょうし、身の回りのこともご自分でということで、本当に日々ご苦労様でございます。

ビリにハマりつつあるご様子、うち(ぷっち倶楽部)にも是非遊びに来てください。
同世代たくさん在籍(笑)です。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。
2007-08-24 金 21:21:47 | URL | u1sakai [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。