■プロフィール

u1sakai

Author:u1sakai
ビリヤード・サークル「名古屋ぷっちプール倶楽部」 の事務局。

(社)日本ビリヤード協会中部支部の認定C級指導者として、初心者レッスンを続ける日々。

心に響く記事への感想は是非コメントください。
また、ビリについての、ご質問ありましたら、
お気軽に、お問い合わせをお願いしまっす!



■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■本日までのお客様

■ブログランキング

いつもダーツブログに上位をとられているので、応援してくれる方は、ボタン2つポチっとお願いします♪↓

FC2Blog Ranking

■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブレイクの厚み
ブレイクで

1番をサイドポケットへ運びたい

9番の両翼をコーナーへ運びたい

という場合、

1番への厚みを真正面ではなく

ちょっとだけ薄く狙う


ということを情報としては知っていた。

でもこの

ちょっとだけ

が難題で、、、、、

ちょっとって

どのくらいやねん!



上手な人に聞いても

まあ感覚やね

とか(笑)、おいらの一番苦手な

だいたい、あいまいの世界で困ってた。

結果をだいたい一定に再現できないんだよね、、、、、


上手い人の後ろから見てても

前から見ても

ほぼ1に向かって真正面に構えているようにしか見えない

てか、あの距離で人のキュー先が

どこ向いてるかなんてわからん!


だって↓こんな感じ(笑)でしょ。
20070831081449.jpg



それに、フルブレイクで当たった瞬間を

見極める動態視力なんてありえん!


とか内心ツッコミつつ・・・



もちろん、人それぞれだろうけど

どうも、いろいろ聞いて回ると

その人なりのコツがあるようだ



で、たまたまサークルの会員さんが

両翼の玉とその後ろの玉の間へ

真っ直ぐぶち込むと

1番に対してちょうど良い厚みになるよ


と教えてくれた・・・・・


↓真上から見るとこんなイメージかな。。。
20070831081057.jpg



早速トライする♪

↓構え目線あたりからだとこんな感じに見えて
20070831081106.jpg


目標が明確になるととたんに元気が出て

振りが鋭くなるのか、当たりそのものまで良くなった(笑)

もうちょっと研究してみたい。

↓もっといろいろなビリ情報を見に行こう。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト


テーマ:ビリヤード - ジャンル:スポーツ

ビリヤードの技術 | 08:13:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。