■プロフィール

u1sakai

Author:u1sakai
ビリヤード・サークル「名古屋ぷっちプール倶楽部」 の事務局。

(社)日本ビリヤード協会中部支部の認定C級指導者として、初心者レッスンを続ける日々。

心に響く記事への感想は是非コメントください。
また、ビリについての、ご質問ありましたら、
お気軽に、お問い合わせをお願いしまっす!



■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■本日までのお客様

■ブログランキング

いつもダーツブログに上位をとられているので、応援してくれる方は、ボタン2つポチっとお願いします♪↓

FC2Blog Ranking

■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
頑張り方が良くなかったみたい
アベレージを上げよう。

成功率を8割→9割→10割と上げよう。

失敗をとにかくなくそうと

がむしゃらに取り組んできたが

結果が伴わずに苦しかった。



ようやくつかんだ勝利の余韻も、

精神的なスランプの出口にはならなかった。



で、

何が駄目だったって、


考え方や取り組み姿勢ですよ。




出来ることを出来る範囲で繋げばいい

やれることをしっかりやるのと

出来るようになるための努力の過程で出来ないことは分けて考えよう


駄目な気持ちに引きずられない技術を身につけるより

駄目な気持ちにならないような心構えや態度の取り方を身に着けよう


楽しむことを忘れた頑張りは

苦しいだけで結果に結びつかないんだ



しょうがないとあきらめることは成長を止める

と、何でやれなかったと自分を責めることはやめよう



嫌な感じを乗り越える技術を身につけたいからと

自分で自分を責めて萎縮させて

さらにできることまで出来なくなって苦しんだ

馬鹿か俺はと、自分を責めることをやめずに頑張ったけど



嫌な感じにならないような

ものの考え方を身に着けたほうがよさそうだ

ということを、思い知ることになった。。。。。



反省するということと自分を責めることは違う

失敗は次回のやり方を工夫する材料が手に入ったと

楽しむための素材が手に入ったと好奇心で受けとめること



努力とは頑張りとは、成果を出すための手段であって

頑張りや努力じたいが目標ではないこと




きちんと成果がでて、苦痛の伴う努力は、やらずにすむなら、

すこしですむならそれにこしたことはない。


ひどく遠回りを、またしていたなあと。



楽しむことが一番



その楽しさとは、

失敗を乗りこえる、原因究明や工夫そのものを

楽しいと思えるかどうか


だと想っている。


できるようになりつつある過程で

自分の頑張りを褒めることもしていなかったなあ。


よくここまできるようになったと、自分に御褒美を上げることは

堕落するから駄目だと、、、

レッスンで生徒さんには、良く褒めて、気持ちよくなってもらう

なのに自分では絶対に自分を褒めないことを原則としていた。


馬鹿だよね。


遠回りしてきた自分、それでも投げ出さなかった自分を

まずは抱きしめてごくろうさんと、きちんと褒めてから、

再スタートを切りたい。
スポンサーサイト


テーマ:ビリヤード - ジャンル:スポーツ

メンタル・精神論 | 02:44:14 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-10-02 火 19:59:47 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。